フシコスのWEBマガジン
『クレタ通信』
knowledge オリーブオイルの豆知識
オリーブオイルがつくられる環境

オリーブオイルがつくられる環境

オリーブオイルの環境

『フシコス』オリーブオイルがつくられている環境、想像できますか


フシコスが作られるギリシャクレタ島は地中海に浮かぶ、ギリシャ共和国で最大の島。
この写真のような要塞が今だに残っていることでも遺跡観光や、トレッキングなど
多くの観光客が休暇を楽しむ場所で有名です。

 

 

海に囲まれている地形から、魚介を使った地中海料理も多く、海の近くで生活する人々にとって、
海の恵みはなくてはならない存在です。※この写真は、海辺でタコを採っている所。

 

そして、丘に登ると、オリーブ畑が一面に広がっています。
写真だけではこの広さ伝わらないほど広大です。
青い空とオリーブの緑がとても美しい景色です。

 

オリーブ畑は、石灰質のゴロゴロとした土地なので、険しいイメージを
持たれる方もいらっしゃいますが、木の周りにはクローバーが生い茂り、
緑が多く自然豊かな場所です。日本の畑というと、整理された土地で
木や苗が整列して栽培されていることが多いですが、クレタ島のオリーブは、
整列しすぎていない、自然のままといった印象です。

 

オリーブ畑の近くには、右の写真のような石造りの建物も多く残っており、
補修されながらではありますが、今現在もそこで生活を営んでいる方が多くいらっしゃいます。
彼らは、オリーブ畑の近くに自分たちが必要とするだけの畑を作り、
多くの動物を飼育しながら暮らしを楽しんでいます。

 

彼らをはじめクレタ島の人々は、当たり前のようにすべての料理にオリーブオイルを使っていますが、
たくさんあるからなんでも使うのではなく、オリーブオイルを大切に、
そして感謝を込めて使っている様子が感じられました。
代々受け継がれたオリーブの木は、大切に育てられてきたからこそ、
約6,000年もの間絶やすことなく受け継がれてきたのです。

 

オリーブの木自体も、素晴らしい工芸品として世界中で愛用されています。
日本でもファンが多いオリーブ木製品ですが、クレタ島の家庭でもよく目にしました。
お手入れをすることで長く使い続けられるため、おばあちゃんからおかあさんへ、
そして子供へと受け継がれている物もありました。

 

 

こんなに素敵な場所で愛され続けているオリーブオイル、

私たちも大切に永く使っていきたいものです。

phusikos 公式オンラインショップはこちら
phusikos 公式オンラインショップはこちら
<PREV
一覧に戻る
NEXT>