phusikos

SP時のキービジュアルです

オリーブオイルの等級

オリーブオイルは品質によって等級が分類され、日本で輸入されているものは大きくは3つに分かれます。
高いグレード順に分けると以下の通り。

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
風味、香りともに完璧でオリーブオイルの中で最も鮮度が高く優れたオイル。酸度が0.8%以下のもの。

(ピュア)オリーブオイル
精製オリーブオイルにヴァージンオイルをブレンドし、酸度を1%以下にしたもの。

ポマースオイル
絞った後の残りカスに残留している油分を、有機溶剤を使って抽出したオイル。工業品であり食用ではないが、これを精製して酸度を0.3%以下にした場合、その国の基準をクリアしていれば食用として販売可能。ただし「オリーブオイル」の呼称は使えない。

エキストラヴァージンオリーブオイル

世界生産国ランキング

ギリシャのオリーブオイル生産量はイタリア・スペインに次いで世界3位。
でもこのうち最高級品のエキストラヴァージンオリーブオイルが占める割合は80%。
生産量が1位、2位のイタリアやスペインはそれぞれ45%、30%です。
これらの国ではギリシャから高品質なエキストラヴァージンオリーブオイルを輸入しブレンドすることで
品質向上をはかっています。
ギリシャのオリーブ農家は素朴に、何千年も前から受け継いで
今や1億本以上にもなったオリーブの樹々を大事に育て、実をつぶしひたすら待つだけ。
『フシコス』のエキストラヴァージンオリーブオイルは「自然」という名の通り、
一切の化学処理を行わず採油する、伝統製法で作られています。

ギリシャのオリーブオイル

ギリシャ1

ギリシャの家庭ではあらゆる料理にオリーブオイルが使われています。
また、食だけではなく妊娠線予防のためにお腹をマッサージしたり赤ちゃんのおむつかぶれなどにも利用されています。
中でも長寿の島として知られるクレタ島の人々は、1人あたり1年に40Lと日本の約70倍もの消費量、日々の生活にしっかりと根付いています。
オリーブオイルは、クレタ島の人々にとってただのオイルではなく、日本でいう醤油やだしの感覚なのです。

ギリシャ2

トップに戻る